『50歳からの地域デビュー応援講座』(2012年7月〜9月実施)の講演録を公開しました
細内所長が、栃木県労働者福祉センターにて地域デビューの講義をしました
そして『50歳からの地域デビュー応援講座』<5回シリーズ>のダイジェスト版が
栃木県労働者福祉センターから公開されましたので、ここに当ホームページでも紹介いたします


☆当講座の講義内容は、次の通り
ポスターはこちらから
*
関連書籍はこちらから
*
講座1回目「今こそ、地域デビューのとき」

講座2回目「地域への関わり方」

講座3回目「地域再発見、芸術文化、スポーツでまちづくり」

講座4回目「キャリアを活かして地域に貢献」

講座5回目「第2のキャリアステージは地域にあり」

 以上、講義録をご笑覧あれ!


☆地域コミュニティに関連して
細内所長のふるさと・栃木県宇都宮市はかって『版画のまち』だった☆

 大正モダンの流れから始まった栃木県河内郡姿川村(戦後昭和の大合併で宇都宮市になる)の版画誌・『村の版画』は、姿川村在住の創作版画家・川上澄生が指導した日本創作版画黎明期のコミュニティ版画誌(姿川尋常高等小学校教員らによるアソシエーション)でした。
その後、川上澄生を顧問、会長に仰ぎつつ、旧制宇都宮中学では戦前に創作版画の同人誌「刀」(旧制中学の生徒らによるクラブ)を、戦後は宇都宮女子高校で同人誌「鈍刀」(はじめはクラブから、そして刀の教え子たちも参加してアソシエーションに発展する)を発行し、また宇都宮市内にある栃木県立図書館では館長、県庁職員を中心に「版芸、ばんげい」(民間人も参加し、アソシエーションに発展)が発足しました。どこもおおむね顔の見える関係が維持できる20人ほどがその正会員となりました。原則2か月に一度、会員らによる創作版画誌を発行していました。そして川上も毎回作品を寄せていました。

とりわけ「版芸、ばんげい」は1961年から40年間も続きました(会員の高齢化で289号で終刊か?)。こうしてかって「版画のまちであった宇都宮」は、1972年川上澄生の逝去により求心力を失い、創作版画の同人誌は次々と廃刊に追い込まれ、創作版画による地域コミュニティへの文化的寄与や誇りが徐々に失われていきました。人の魅力もそうですが、地域コミュニティの魅力も、こうした地道な文化活動が生み出しています⇒詳しくは、
こちらを参照してください



*この『村の版画』は、当時栃木県河内郡姿川村の現在の姿川中央小学校の教員ら(一つのアソシエーションを形成)が中心となって大正時代の末期から昭和の初めに制作したもので、川上澄生(当時宇都宮中学校英語の教師)が主に彼らの指導にあたりました。川上澄生の家は、間借りで現在の宇都宮市の郊外、当時姿川村西川田1079番地の日光線鶴田駅前(川上澄生は鶴田郵便局の隣接地にあった下宿先を朴花居と称する)にありました。細内所長も、かつて川上澄生と同じ町内会に住んでいました。しかし、そこに彼の記念碑が建っていないのは残念です。彼の主な代表作は、ここ朴花居で生まれたからです。

詳しくはこちらを参照⇒http://cbhakase.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-a71d.html

出典: 細内所長の旅日記
 http://cbhakase.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-99e1.html

homeへ