コミュニティビジネス総合研究所

Community Business Institute
What's CB?
                    
コミュニティ・ビジネス(CB)とは 2008年8月定義 設定 V4.0
 現代社会は、グローバルに結びついた経済や地球規模で影響しあう環境に破綻をきたし、未曾有の危機に瀕しています。それらを乗り越えるためにも、地球規模で“共に分かち合う”ことが求められています。

 この地球規模の諸問題の解決と分かち合いに取り組むべき“基本のユニット”となるものが、人々の住む地域コミュニティにほかなりません。現代社会において、それぞれが、顔の見える関係の地域コミュニティで、そうした諸問題の解決を行う方法の一つに“コミュニティ・ビジネス”があります。

 コミュニティ・ビジネスは、住民自らが地域コミュニティを元気にすることに目的をおき、社会的排除に会う人を出さない。かつ地域固有の資源を積極的に活用し、コミュニティ内外の問題解決と生活の質の向上を目指し、そこに住む人々が活き活きと快適に働き、暮らすことに主眼をおいた新しいタイプの21世紀のビジネスです。その目的とするところは、
地域コミュニティで活かされない地域資源(人、モノ、金、情報など)を極力出さない。いわば共生、分ち合いの考え方といえるでしょう。

<共に生きる(社会的包摂)社会はこちらから>


社会的包摂とコミュニティ・ビジネスの考え方をコンパクトにまとめた小論『地域を元気にするコミュニティ・ビジネス』は、2008年7月15日の生産性新聞に掲載されました。ぜひご照覧ください。

1999年最初のコミュニティ・ビジネスの定義(細内信孝著「コミュニティ・ビジネス」中央大学出版部より)

『コミュニティ・ビジネスとは、地域コミュニティを基点にして、住民が主体となり、顔の見える関係のなかで営まれる事業をいいます。またコミュニティ・ビジネスは、地域コミュニティで眠っていた労働力、ノウハウ、原材料、技術などの資源を生かし、住民が主体となって自発的に地域の問題に取り組み、やがてビジネスとして成立させていく、コミュニティの元気づくりを目的にした事業活動のことです。

★コミュニティ・ビジネス習得のための具体的なプログラム事例

☆未来を担う子供たちのためにコミュニティはある





コミュニティ・ビジネス(CB)のはじまり(1994〜)


初期の頃のCBに関する寄稿(1998〜)

初期の頃の新聞へのCB連載(1995〜)


書籍「コミュニティ・ビジネス」中央大学出版部(1999)

書籍「新版コミュニティ・ビジネス」学芸出版社(2010)

Coの時代を迎えて(1999)




☆懐かしい大久保商店街のお休み処    ☆青森県横浜町の菜の花畑と風力発電     ☆山武市よもぎかんの郷土料理太巻寿司
                                

                                         

コミュニティビジネス総合研究所

電話&ファクス 03―3350―8651
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5−23−6 グランスイート代々木3F
(C) Community Business Institute All Rights Reserved