01.4.8更新

細内信孝のWeb Site「電脳ホットスプリング」へようこそ!

私がコミュニティ・ビジネスという言葉に意味を込めて最初に使いはじめたのは1994年からです。

当時(株)計画技術研究所の林泰義所長との研究会の中で意味を膨らませて作っていったものです。
コミュニティの中にビジネスの視点を入れて地域社会を再生していく、自分の働き方や暮らし方に主体性を持つ、そんな等身大の生き方に注目していたとき、生まれて来たのがこのコミュニティ・ビジネスという言葉でした。

1995年にはコミュニティ・ビジネスの実践研究をしようということで東京都墨田区にフィールドを求め、下町における職住一体のコミュニティ・ビジネスの研究会を立ち上げていきました。

1996年に入ると研究会の中で議論されてきたコミュニティとは何か、またコミュニティを推進する人材はどうしたら育成できるか、こうした問題意識をもとに多くの先生方とともにシンポジウムや公開講座を共催し、1996年から3年間にわたって開講することができました。

このWeb Siteは、いままでのそうしたコミュニティ・ビジネスに関する現場の試行錯誤の成果 から生まれてきたものです。当Web Siteが人々のお役に立てるのであれば望外の幸せであります。

 2001年4月
 細 内 信 孝

イラスト/東向島、鳩の街通 り

homeへ